アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自転車」のブログ記事

みんなの「自転車」ブログ


自転車との付き合い方が変わりそう

2014/05/27 13:45
こちらはランニングクラブもサイクリングクラブも山ほどあるのだが、ガチのサイクリングクラブの人たちと先週からちらほら関わっているうちに、もう逃げられないような気がしてきたw とりあえずアメリカのサイクリングライセンスはとってしまったし、今度レースにも出るのだが、そのうちどこかのチームに入ることになってしまいそう。いや、自分が望まなければ入らないのだが、入ったほうがいいよとそそのかされ、きっぱり断れないがゆえになんとなく入ってしまう、みたいな。

今日もサイクリングに参加して90kmほど走ったが、車で並走してビデオ撮影したり、終わってからBBQをしてハンバーガーを食べながらビデオ鑑賞したりとか、こっちの人は実に自由なものです。交差点で100人くらいが普通に止まってて車の通行の邪魔をしまくっているし、そんなことを日本でやったら確実に日本では警察に怒られるのですが、別のイベントではむしろ警察がバイクの先導をやって交差点で車を停めてくれたりと、いやアメリカの警察は絶対そんなに暇じゃないだろと突っ込まずにはいられません。

まあ自転車のレースに出たりするのはいいのだが、こちらにいるうちはむしろ観光とか日本ではできない他のこととかをやりたいので、あまり時間を取られるのもよくないのだが、かといって運動不足にもなるわけにはゆかない。バランスをうまくとりたいところなのに、ライセンス登録時はCategoryが5で、4に昇格するには10レース出なきゃだめだけどそんなのすぐだよとか言われて、まあそりゃそうかもしれんが、月に何回レース出りゃいいんだよ。。。幸い日本での生活と違って、平日もアフターファイブは割と時間に余裕があるので、平日のレースも出られるのだが(というかそもそも平日の夕方にレースをやって出場する人間がいるというのが日本人には驚き)、まあ運動がてらレースに出ようかなあといったところ。通勤で一人もくもくとチャリを漕ぐよりは、社交性が含まれる分よいのかもしれない。

しかしこちらの人間は絶対日本人よりむやみにアグレッシブというか後先考えていないところがあるので、事故率(落車率)がかなり高い気がする。なんでこんなに道路がぼこぼこなのに気にせず突っ込むのこの人たち。日本で自転車に乗っているときもやはり事故や落車を気にしていたのに。事故って大けがしたら、それこそ何しにここに来てんのよって感じですね。少なくとも一般道を走るイベントは頑張らないでおこうと思う。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


こんなん見つけた

2013/01/18 01:32
スーパーママチャリGPの特集。やたらゴツいせんとくんを探してみよう。

http://www.youtube.com/watch?v=V1Mfc3YyPC0

リンク貼って怒られへんかな。そのうち消えると思う。


**********

木:77.0kg

太りすぎです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スーパーママチャリグランプリに出てました

2013/01/15 00:37
<第6回スーパーママチャリグランプリの結果>

総合順位 358位(1251チーム中)
無段変速の部 31位(133チーム中)
走行距離  141.453 km、31周回(1周約4.5km)

ママチャリの7時間エンデューロです。31周回のうち、私が11周、残り9人が20周を走りました。計測用タグを取り付けずに2周走るという大ポカをやらかしたので、実際は13周走っていますが。。。最初に5周、後半に8周。

最初は1周9分13秒(平均29.3km/hくらい)だったけどやっぱり周回ごとに遅くなってしまいましたね。9分を切りたかったのだが・・・下りでペダルが漕げない分(とはいっても最高速56km/hでした)、いかに上りで稼ぐかが問題なんですが、変速がないと上りが辛い。まあチャリから降りる人が続出して渋滞が発生してしまうんですが。

まあ次回以降も出るかどうかはともかく、私と同レベル以上の人間が4、5人集まれば上位で戦えるので、どうせ出るならそれくらいにしたいなあとか思うのですが、意外と集まらないんでしょうかね。私もせいぜい中級レベル程度なので、これくらいなら割とそこらに居そうなのだが。。。
http://www.japan-racing.jp/fsw/12/12mama_s.htm


***********

月:78.5kg

重。。。今回全体的にタイムが良くなかったのは体重のせいだろうな。上りでスピードを出すとすぐバテたし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


練習する気のないホビーレーサーの限界か

2012/10/15 01:51
しもふさくりて、というレースに出てました。クラスはスポーツI。
http://crra.powertag.jp/aki_shimofusa/guide.html

まあ優勝争いには絡めるでしょうとか調子こいてたら全然ダメでした。中盤で離されて終了。とりあえず意地で完走だけはしておいた。以下、反省と怒涛の言い訳。

・スタートの位置取りミスったせいで常に集団の後ろだった。
・コーナーリング下手すぎワロタ
・最近自転車あんまり乗ってなかった。
・クレアチンローディングちゃんとできてなかった。
・つーかひとつ上のクラスより速いってなんやねん。どうやら勝ちたい人が敢えてワンランク下のクラスにエントリーしていたようで、ウチのクラスの先頭の平均速度が43km/h超と結構レベルが高かった。私はたぶん巡航平均42km/h弱が限界。

集団の位置取りをうまくできればまあ43km/hでもなんとかギリギリいけるんじゃないかという気がしないでもないが、そのためにはどこかのクラブに所属して日々練習しつつ、頻繁にレースに出なきゃいけなくなるのでやる気は出ないな。プライベートをチャリ一色にする気はないので。

4年以上も乗っていると、だいたいロードバイクとの付き合い方がわかってきて、真面目に練習を積む気がないのであればこれ以上は臨まず自分の勝てるイベントで頑張る、というのがよいのだろうという気がします。レースで勝つというより、勝てるレースを探す、という感じだな。

そろそろ他の遊びでも見つけるか?

***********

日:76.2kg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


毎年恒例しまのすずかろーどれーすに出てきました。

2012/08/27 23:26
今年も出ました。今年はいっこくらい表彰台に上れへんかなと期待したのですが、もう一歩でしたね。課題はいっぱい見つかっているが、それを改善する気が自分にあるのかどうかが問題だ。そもそもロードレースのための練習をする気がないからな。通勤で自転車に乗る程度で十分です。休日に何時間も使って練習するとかちょっと勘弁して欲しい。他にもやることいっぱいあることですし。

***25日(土)の結果***
1. タイムアタック予選 62位
3分11秒08(トップ差+24秒77) 42.26km/h

2.24kmのタイムトライアル。スタート時にペダルキャッチをミスって大幅タイムロスっていう初心者かよお前はみたいな出だしで終始グダグダでした。それがなくてもせいぜい3分9秒くらいだっただろうか、3分5秒はいけると思っていたのだが。。。貧弱、貧弱ゥ! 言い訳をするならば、去年までは確かスタート台があって、ペダルの固定を済ませた状態からスタートができたのです。なんで今年なくなってしもたん? いやしかしそれにしても自転車が新しくなり高価なものになったのだから、それだけでも速くなってないとおかしいのだがねぇ。過去のタイムを調べると、2009年3分11秒03、2010年3分09秒96、2011年3分13秒35でした。まあマシンがよくなっても真面目に練習しないと速くなんないよってことですよね。そして他のレースでもほとんどそうだったのだが、ペダルキャッチは毎回ミスっていた。初心忘るるべからず。


2. インターミディエイト 17位(スプリント賞3位)
16分51秒33(トップ差 +1秒35) 41.34km/h

気を取り直して2周回のレース。今年からスプリント賞(途中のチェックポイントを通過した順位に応じて点数がつき、その合計点で最終順位とは別に表彰される)が作られたのだが、スプリント賞狙おうか順位を狙おうかで迷いつつ中途半端にポイントを取ったせいで順位も中途半端でした。最終順位なんざ気にせず最後のチェックポイントで1位を狙えばよかったんだな。そうすればスプリント賞2位はいけたかも。序盤は先頭集団の後方についていて、しかも集団中央から出ることができなかったので最初のポイントは狙えなかったのだが、コース始めののぼりでうまく集団の前に出ることができたおかげでそれなりにポイントを稼げたわけです。ロードレースでは前に出られるパターンがだいたい決まっていて、上りかあるいは下りから直線に続いていてスピードの出せるところかくらいでしか一気に前にでるということはできないのですが(コーナーのある下りで前に出ようとすると非常に危険であまりやってはいけないのだが、アマチュアレースでは結構強引に入ってくる人もいる)、そういう「前に出るポイント」を抑えて集団の中で自分の位置取りを考えるということができなきゃいかんのだなと思います。でもまあそれも初期に比べればはるかに上達した気がする。あとは誰かが前に出るのを見計らってコバンザメ的に前に出るだけではなく、体力の減少を受け入れていいタイミングで自ら前に出るということができれば集団を引っ張れるのではなかろうか。

このスプリント賞3位で5000円QUOカード、タオルなどをゲット。ちなみにスプリント賞1位なら3万円、2位なら1万円のQUOカードだったようです。畜生!


3. 最高速チャレンジ 4位 50.385km/h

助走距離200m(そこそこ上り坂)で最高時速を競うお遊びイベント。今年こそは50km/hオーバーで1位を、と思ったのだが、優勝者は51.873km/hでした。タイムアタックもそうだったが、今年もまたレベルが上がったかな、という感じで、1位と2位の人は共にエリートカテゴリのレースで優勝していました。庶民のささやかな楽しみを妨害するのはやめてもらいたい。まあ1位から6位までもらえる商品は同じなのだけれども。

重い目のギアで走った1回目は49.4km/h、軽めにした4回目は49.8km/hで、しかしさらにスピードを上げるには重い方のギアの方がいいなあとか終始ギア比をどうするかで悩んだが、一番の問題は、私の場合、加速力がありすぎる?のか、序盤にペダルを踏みすぎていて計測区間の前から最高速に達しているのでは、という結論に至り、もう少し最初は穏やかに踏み込んでよいのだと開き直った6回目が50.385km/hでした。200mって意外と長いんですね。たぶん完全停止している状態からスピードを上げるという点だけでいえば相当強いはずなのだが、それはロードレースには全く必要とされない能力ですね、はい。関係ないけど、担当する人によってルールが違っていて、去年はスタートラインでの完全停止を命じられていたが、今回はちょっと手前からローリングスタートしてもOKみたいな適当な感じでした。

これであきたこまち10kg、フロアポンプ、タオル、記念Tシャツ、よくわからんバッグ、バーテープetc...をゲット。寮暮らしでお米が炊けないため、去年、一昨年同様あきたこまちは実家に宅配され母親の栄養素となりました(送料1000円也)。なんという親孝行。


***26日(日)の結果***
1. マスターズ+30 16位
25分41秒09(トップ差 +3秒54) 40.70km/h

3周回のレース。なんか「マスターズ」と称されるレースに出場できるようになったというのが悲しいが、レース運びは今回の中で一番よかったと思う。しかし終始消極的なレース展開だったため、結局最後まで前に出ることができず先頭集団の中でひたすらまぎれてそのままゴール、という感じでした。ラストスパートで前に出るためにはやはり序盤から積極的に集団を引っ張っていかないといけない、ということですな。特に今回はあまりスピードも速くなかったので、前に出ても体力的にも大丈夫だったはずなのです。あとスパートのタイミングが早すぎ。ラストの直線は500m以上あるのにそんなところからスパートしたら最後までもつわけないだろ。

そしてこの「マスターズ」カテゴリは出場選手数があまり多くないせいか、全体的にレベルが低い傾向にあるようです。次回以降がどうなるかわかりませんが、このカテゴリはなかなか狙い目なのかもしれない。



2. オープンII 88位
50分51秒27(トップ差 +8分43秒06) 34.26km/h

5周回のレース。これは出るべきじゃなかった。スタートした当初から「あれ?なんか脚ダルくね??」と、前のレースの疲労が抜けていなかったせいもあって、3周目入った直後の上りで先頭集団から離されてしまいました。いったん離されるともう追いつけないので、そこらで諦めてふくらはぎつりそうになりながらダラダラ完走。後ろから何番目かの順位でした。3週でDNFしときゃよかったんですが、律儀に最後まで走ろうとしてしまうのは少年時代に受けた教育のせいか。なんか特別な事情もなくDNFっていうのは良心の呵責があります。ロードレースとしてはこの程度の距離はむしろ短いくらいですが、しかしこれをちゃんと走るためにはこんなにたくさんレースに出ていてはアカンのでしょうね。そして何よりちゃんとロードレーサーとしての練習をしないと。いや、しないけど。

あと、このレースでは2周目終わった段階で3回落車事故があったのだけれども、いずれも私は事なきを得ました。1回近いところでひやりとしましたが、最近は一緒に走っているとその人が熟練者か初心者か、落車しやすいかそうでないかをだいたい判断できるようになってきて、危なそうな選手からはなるべく距離を取ったり前に出るようにしています。あと集団内の位置取りでも危なそうなところは避けるようにしていますが――たとえば、コーナーやその手前でインに入る(締める、と表現される)動きで極端に密集してしまう、とかがあるので、なるべく集団の真ん中にはいたくないのだけれども、真ん中にいる場合は少し前を空けるとか――あんまり避けるとどんどん集団の後ろの方に追いやられてしまうんですよね。プロならばもっと綺麗な集団を形成できるのでそういったことにはならないのですが、どうにもホビーレーサーではそこまでうまくできないので(自分も含めて)、そういう集団としての特性も含めてどう動くか考えないといけないのでしょうね。


3. インターミディエイト 6位
17分15秒31(トップ差 +0秒56) 40.38km/h

再び2周回のレース。前のレースでボロボロだったのでもう走れへんかと思ったが、身体を動かすとなんかいける気がしてきたので(陸上のときはいったん疲労困憊に陥るともうその日は再起不能だったが、自転車って割りと回復早いんですよね)、レース展開を見つつスプリント賞を狙えそうならそちらに絞るが、ポイントが取れそうになければさっさと諦めて最後に賭けることにした。序盤は前に出ていたが、中盤少しダレてしまって先頭集団後方に落ちてしまったためポイントは取れなかった上、最後のコーナーを出たところでも前に30人くらいいてアカンかと思ったが、とにかくいったれオラァァ!と再びゴール500m手前からスパート。一瞬3位くらいまでは上がったが、それ以上は詰められず最後の最後で3人に追い抜かれて6位。あそこで一呼吸置いて、ギアを1、2枚重くしてからスパートかけていたら表彰台を狙えたのかもしれないが、そんな冷静な判断ができるほどレース慣れはしていないということか。自分のスプリント力を十分に活かしきれていないな。

今回はスパート合戦時の接触事故を減らすことを(おそらく)目的として、集団が縦に長くなるよう最終コーナーの幅を少し狭く制限してあったのだが、そのおかげか確かにスパートは非常にしやすかったし、それゆえスパートのタイミングが早くなりすぎる結果にもなってしまった気がします。

これで認定証とタオルをゲット。表彰台に上らんと大したもんもらえへんな。


*******

てとこでした。なんかこれが終わると夏が終わったなという気がするようになりました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


オリンピックと比べてはいけません。

2012/08/06 01:34
顔本にも書いたけど、こちらはもっとマニアックなことを書く。

バンクというロードバイクでバンクを走らせてくれるイベントに出てました。

500mTT  38秒49 1位 (Ave. 46.765km/h)
1000mTT 1分16秒80 5位 (Ave 46.875km/h)
4000mスクラッチ 予選落ち

これまでの自己ベストが38秒75(手動)、1分17秒44だったので、まあまあベスト更新。チャリが良くなってDHバーも使ったからもっとタイム上がってもよさそうなものだが。。。38秒切り+1分15秒台はいけると思うんだ。

500TTのときはハンドルが高かったので、1000TTの前にハンドルを10mm下げたんですが、そのおかげでだいぶ走りやすくりました。疾走時は53km/h台、後半落ちてきて最後は47km/h台だったから、1分15秒切ったんちゃうかと思ったのですが、全然違いましたね。うーむ。スピードメーターについている自動タイム計測は、スタート直後の低速状態では計測しないので正しいタイムが計れません。ゴールしたとき62秒だか68秒になっててマジか!?と思った。

1000TTのタイム配分としては前半40秒、後半35秒がよさそうだと思うのだが、そうすると後半は51.4km/hで走ることになるから、実際は36秒くらいかかってたってことかな。前半も500TTと比べると序盤の加速は緩やかにしたし、最高速も56.4km/h@500TTに対して53.6km/h@1000TTだったので、前半は41秒くらいかかっていたのかもしれない。55km/hは出さないとダメっぽいですね。加速は抑え気味で最高速だけ意識すればいいだろうか。

なかなか難しいものです。まあ、スクラッチ(=いわゆる普通の競争)にいたっては、どうでもいいところでペースを上げて後半疲れて置いてかれるという始末でしたが。

**********

日:75.9kg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サボりがち

2012/07/10 01:21
更新サボってますね。
別に忙しいわけではないというかむしろ暇なくらいなのに。

7/1は某所で職場の人間と自転車レースに出てました。
初エンデューロ。いろいろと運営に問題のあるイベントでした。
死人も出てもーたしね。
自転車レースで人が亡くなるのはそう珍しいことではないが。

今月は割りと強制的な仕事が少ないので、
今のうちにできることをやっておきたいところ。
――なのだが、どうもやる気が出なくて暇している、そんな感じです。

**********

月:74.5kg

ぼちぼちスプリントのトレーニングを開始します。なんか新しいチャリやとハンドルやサドルの位置が微妙に前と違うせいか、踏み込みにくい気がする。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もう二度と出ません

2012/05/22 01:40
昨日、鈴鹿で8耐に出ました。

鈴鹿サーキットにて8時間以内に240km弱を
とにかく単独で走破するやつ。40周走ります。

エンデューロみたいな、そんな仲間うちで
わいわいキャッキャしつつ交代しながら自転車を楽しむとか、
そういうラフな生き方ができるほど私はうまくできていません。

結果:7時間13分で43位

でした。平均時速が32km/h超、原付超えですやったね。

正直完走できひんやろと思っていたのでこれは上出来です。
まあ、おかげさまで肉体はボロボロですが。

序盤は気合、
中盤は根性、
後半は根性を凌駕した何か(たぶんリポDとか)、
終盤は義務感で走ってました。

10〜20周回あたりでの絶望感とか、
30周回過ぎたあたりのモチベーションの低さとか。
最後の方はパンクしたり自分の体調が突如悪くなったら
今までの苦労が台無しになるので、とにかく無理をせず、
だらだら着実に周回数を重ねることだけ考えてました。

なんかね、しんどいというよりひたすら辛いのです。
脚のあらゆる筋肉の痙攣を我慢しながら走るというか、
最初の1時間半くらいまでは息が上がっても、
それ以降は息が上がらないというか、上がるほど動かないというか、
そこらへんから左足のふくらはぎがつって来たので、
ペースがじわじわと落ちてきてしまいました。

左足のふくらはぎをだましだましやっているうちに、
右のふくらはぎ、左の大腿四頭筋、右の内転筋、
左の内転筋・・・とおかしなことになってきて、
両脚の内転筋がつったときはもうダメかと思いました。
それは4時間半くらい経ったときのことだったかな。
終始筋肉の痙攣に抗い続けるという苦行。

良かった点は、おそらく「上りを頑張らなかったこと」。
集団の流れについていくために無理して上りを頑張っていたら、
脚のコンディションはこの程度では済まずに
後半の落ち込みが酷いことになっていたと思います。

5時間あたりでどうしてもトイレに行きたくなって仕方なく行ったのですが、
あれがなければ5分は短縮できたでしょう。
あとはなんやかんやで7時間ジャストくらいは行けたのかも。
まあ、ロードレースの練習をまともにやらずに得られる結果としては、
なんにしたってこのあたりでしょう。

真面目にロードレースの練習を重ねれば
6時間某くらいでいけるようになるのかもしれませんが、
もちろんのことそんなことをやる気は毛頭ありません。
(ちなみに優勝者は5時間半くらい)

そもそもこういった持久系、耐久系のものは向いていないわけですし、
この辺で勘弁してくれよ、という気持ちです。
もっと短距離のレースで遊ぶくらいがちょうどいいです。

終わったあととか膝が曲がらんくなってて、
階段上れない、浴槽をまたげない、普通に歩けない、と言う感じでした。
1日経った今はかなり楽になりましたが、
ふくらはぎは治るのに1週間以上かかるかな、といった様子です。

結論:耐久レースはしんどいばっかりで楽しくない。

勝ちを狙えないのであれば完走を目指すことになりますが、
完走を達成した時点でもう出る目的はないので、
この手のレースには二度と出ませんな。



ちなみに同じく出場したクーソ氏はぎりぎり完走できずに残念無念、、、
と思ったら、実はギリギリ完走を達成していたようで、
キャラにもなく勝負強さを見せ付けていました。


**********

月:75.6kg

レース後とにかく腹が減るので食いすぎています。レース中も水4L、10秒チャージ的なゼリーを10個くらい、リポD3本飲みました。まあまたすぐ元に戻るでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


つーる毒殺

2012/04/25 23:27
毎年恒例、つーるどくさつに出てきました。日曜の話。

今回天候悪すぎて頂上付近の路面が凍結してるとかなんとかで
距離が12.4kmから5kmに短縮されました。

結果

45/320位(カテゴリ内)
15分46秒くらい

順位的には上位15%に入っていて、過去最高です。
まあ体重減ったしチャリも新しくなったしこんなもんか。
もう15秒くらいは短縮できた気がするんですけど。

最近徐々に自転車体形になってきている気がする。
いや、別になりたくはないんですけど。


**********

水:72.6kg

減りすぎちゃうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


膝いてええぇぇ

2012/03/13 01:10
想像以上に痛めていたようです。こりゃちょっと辛い。

原因は、骨盤の右前左後姿勢による左膝のニーインとそして右ひざのニーアウトだということはわかっているのですが、もともと左右差の大きい私にとってこれはなかなか改善が難しいかもしれない。左の骨盤が後ろに下がるとペダルが遠くなって余計左膝に負担がかかり、それを補償すべく右脚の引き動作において右膝に負担がかかる、というのもあるだろうか。

ともあれ乗りながら改善していくしかないのですが、クリート(ペダルと足をくっつける部分)の角度も関係してくるので、かなり根気がいるかなと思っています。今、クリートの遊びが少ないものを使っているのですが、とりあえず遊びの大きい一般的なクリートに変えたほうがいいかもしれない。スピードを出さないのであればそちらの方が賢明か。


**********

月:74.9kg

飲み会があって75kg以下はプラス。ただ今回は飲み屋に財布を忘れるという大失態を犯したのでマイナス。しかし電車に乗る前に気づいたので可もなく不可もなく。トータルでプラス。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
左膝痛の改善が課題
ロングライドは膝が痛くなるな。 スピードを出さないせいか腰は痛くないのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/12 02:02
続続・自転車買いました
私「注文してから1週間経ってもなんの音沙汰もないんだがどうなってんの?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/02 00:19
続・自転車買いました
さて、自転車のことを知っている人だと「あれ?これなんか安すぎじゃね?」と思ったかもしれません。スイス育ちのKEBEL氏ですが、確かにこの金額はめっさ安いのです。いや、原付より高い23万という数字が高いかどうかは別問題として、KEBELがこの値段だというのは非常に安い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/29 01:51
自転車買いました
自転車買いました 長らく相棒として頑張ってくれていたSCOTT君もだいぶボロボロになってきたので新しいチャリを購入いたしました。KUOTAのKEBEL氏です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/27 00:34
もう4回も出ているのかと思うと月日の流れを感じずにはいられない。
もう4回も出ているのかと思うと月日の流れを感じずにはいられない。 さて、今年もしまのすずかろーどれーすに出てきました。去年、一昨年と同じ種目に出ていますので、比較しながら結果の報告をば。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/30 14:33
そろそろ自転車を買い換えるべきか
はい、時々は違うことを書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/18 03:15
三輪車は幼児の乗り物です。
土曜は職場の人間たちと、 さんりんワールドグランプリというのに出ていました。 http://www.japan-racing.jp/fsw/10/10_3rin.htm 10人1組のチームが5時間耐久で 1周500mのコースの周回数を三輪車で競います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/22 02:16
シマノすずかロードレースに出てきました。
シマノすずかロードレースに出てきました。 さて、先週末はしまのすずかろーどれーすというやつに出てきました。 土日あわせて計5種目に出場し2種目で入賞。 結果だけ先に書いてあとはだらだら感想文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/04 01:49
スローパンク
スローパンク 今日、帰ろうとしたら前輪のタイヤの空気圧がかなり下がっていました。 いわゆるスローパンクというやつです。 穴が小さいのですぐには空気が抜けきらなくて、 場合によってはなかなか気づかなかったりするやつ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/03 01:58
寒すぎて大腿四頭筋がつったとか生まれて初めて
すっかり書くのを忘れていましたが、 先週の日曜は ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/24 01:51
自転車のレースに出たらしょぼしょぼやった
日曜は昨年のリベンジを果たしに参ったわけですが、 (去年についてはhttp://imo-imo-imo.at.webry.info/200903/article_6.htmlを参照のこと) リベンジも何も、そもそも勝負にすらなってなかったというオチ。カスやな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/16 02:15
チャリメンテ
チャリメンテ 凍結防止剤のせいで錆びたチェーンを交換するついでに丸々綺麗に洗いました。 砂利がブレーキに詰まって効きが悪くもなってたもので、 まあまあ調子は良くなりました。めんどくさかったけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/13 22:24
錆びた
またチェーンが錆びてもーたがな。 原因はどう考えても道路に撒かれていた凍結防止剤やな。 錆びるかなと思ったがやっぱり錆びてもたがな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/02 00:07
シングルスピードバイク
朝飯を食べる前に一眠りしようと思って(発想がなんかおかしい) 横になったら、気がついたときには16時半になってた。 そんなんあるある、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/17 18:31
走り納め?
またバンク走ってました。あんま出る気なかったんですが、 エントリーが少なそうだったので優勝できるかな、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/01 22:30
チェーン
先月中旬にチェーンが切れて以降、出張やら雨やらでずっとスコット君に乗らなかったのでチェーンもそのままにしていたのですが、ようやく雨も上がってきたことなので明日から乗るためにチェーンを再度繋ぎました。。。が、これが結構骨。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/09 02:02
性懲りもなくまたレースに出てきましたが、えらいことにはならなかった。
先週の土日は日本で一番参加者が多いであろう自転車の大会(イベント?)に足を運んでおりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/05 21:37
自転車メンテ
徒然に自転車の話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/25 01:53
トラウマ克服が目標でした
こないだの週末はまた某競輪場でぐるぐる走ってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/05 02:33
自転車のレースに出てみたらえらいことになった。2
また性懲りもなく自転車のレースなんぞに出てみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/30 01:27
キーワードは「突き出す拳の風圧さえも武器になる」
GWの最終イベントは 「東京の某所にてクーソ氏と共に競輪場を走らせてもらえるレースに出場」 というやつでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/08 01:23
近所をぐるぐるぐるっと
hase氏とツーリングしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/28 19:37
登ってきました
さて、昨日はブログを書こうかと思ってたんですが、 やっぱり疲れて寝てしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/04/20 23:01
自転車のレースに出てみたらえらいことになった。
自転車のレースに出てみたらえらいことになった。 去年あたりから私がロードバイクを買って 通勤に使ったりレースに出たりしていることは まあ知っている人は知っていることかと思いますが、 今年もバリバリ出場する次第。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/16 00:56

トップへ | みんなの「自転車」ブログ

いろんなことが嫌になる日々 自転車のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる