アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小説」のブログ記事

みんなの「小説」ブログ


天空の蜂

2014/02/12 01:14
東野圭吾著、講談社文庫。

読もう読もうと思っていてずっと忘れていた小説。開発中の自衛隊ヘリが乗っ取られ、国内の全原発を使用不可能にしなければ原発に墜落させるという声明が出されるが、ヘリにはなぜか子供が乗っていて――云々。

単なる小説あるいはミステリ(もしくはサスペンス?)としてみたとき、読んでいてシンドイというか、胃もたれのするようなボリュームで、文章が長いというより現実の社会問題をかなり具体的に描いてしまっているので、単なるエンターテイメントとは見られなくなってしまうというのはもったいない。原子力に関わる社会的な問題がほぼ網羅されているのはすごいが、ちょっとやりすぎな感じもしてしまう。まあ本人が書きたかったのはそういうことなのだろうけれど。今なら映画化とかしたら話題を呼びそうだが、実際問題無理ですかね(笑) 個人的にはどの文献を探ったのかはすぐにわかってしまったので、いくらか萎えてしまったのが残念だが、それは仕方のないことか(「原発ジプシー」読んでるよね、とか)。

この小説においてもやはり東野圭吾らしく犯人は悲しい過去から犯行に及ぶわけだが、それにしたって犯行の目的が社会正義に走りすぎているところがちょっと気に入らない。探偵役が不在というか複数に分散してしまっているので、この物語の主人公は犯人ということになるのだろうし、そう思うともっと感情的であって欲しいところ。著者自身が元エンジニアであっただけに、エンジニアに対する敬意というか、愛着のようなものがあるんだろうと思う。以下は航空機のエンジニアである湯原と原発のエンジニアである三島の会話だが、このような科白を登場人物に喋らせられるのは、著者くらいしかないだろう。工学というものの本質を鋭く描き出している。

「なあ湯原、絶対に落ちない飛行機があるかい? ないよな。毎年、多くの死者が出ている。それに対して、お前たちのできることは何だ? 落ちる確率を下げていくことだろう。だけどその確率をゼロにはできない。乗客はそれを承知で、その確率なら自分は大丈夫だろうと都合よく解釈して乗り込むわけだ。それと同じなんだ。俺たちにできることは、原発が大事故を起こす確率を下げることだけだ。そしてやっぱりゼロにはできない。あとはその確率を評価してもらうしかない」
「いっていることはわかるが、その説明で納得できる人間は少ないだろうな。飛行機は、乗りたくなければ乗らないで済む」
「問題はそこだ」三島は頷いた。「原発が大事故を起こしたら、関係のない人間も被害に遭う。いってみれば国全体が、原発という飛行機に乗っているようなものだ。搭乗券を買った覚えなんか、誰もないのにさ。だけどじつは、この飛行機を飛ばさないことだって不可能じゃないんだ。その意思さえあればな。ところがその意思が見えない。乗客たちの考えがわからないんだ。一部の反対派を除いて殆どの人間は無言で座席に座っているだけだ。腰を浮かせようともしない。だから飛行機はやっぱり飛び続ける。そして飛ばす以上、俺たちにできることは、最善を尽くすことだけなんだ――

はじめの科白の最後「あとはその確率を評価してもらうしかない」というのは、安全工学の本質をよくあらわしていると思う。それが安全かどうか、あるいは受容可能かどうかを判断する部分は、科学でも工学でもないということを、もしかしたら当の原子力屋たちは理解していないのかもしれないと感じることがあるが、どうなのだろうか。



天空の蜂 (講談社文庫)
講談社
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天空の蜂 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続ご無沙汰

2013/09/20 02:08
読んだ本リストの続き。

「ペンギン・ハイウェイ」
森見登美彦著 角川文庫

「有頂天家族」
森見登美彦著 幻冬舎文庫

「マーク・ピーターセンの英語のツボ」
マーク・ピーターセン著 光文社知恵の森文庫

「科学者が人間であること」
中村桂子著 岩波新書

「言霊とは何か 古代日本人の信仰を読み解く」
佐佐木隆著 中公新書

「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー
高橋秀美 新潮社



ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-11-22
森見 登美彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンギン・ハイウェイ (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



有頂天家族 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2010-08-05
森見 登美彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 有頂天家族 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






科学者が人間であること (岩波新書)
岩波書店
中村 桂子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 科学者が人間であること (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



言霊とは何か - 古代日本人の信仰を読み解く (中公新書)
中央公論新社
佐佐木 隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 言霊とは何か - 古代日本人の信仰を読み解く (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー
新潮社
高橋 秀実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ほかならぬ人へ

2013/04/11 11:05
白石一文著、祥伝社文庫。

東京から帰る途中、読む本が終わりかけていたので駅中の本屋で買いました。何を買うか迷って、「じゃあ普段はまず読まないようなものにしよう」ということで恋愛小説をチョイス。

うーん――これは、面白いのだろうか? なんかもう、全体を通して「ふーん、あ、そうですか」以上の感想が湧きませんでした。これ直木賞作品なんだけどなあ。どこらへんが直木賞に値するのかがわからない。。。

ジャンルが変わると評価も難しくなりますね。


ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)
祥伝社
2013-01-10
白石 一文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ほかならぬ人へ (祥伝社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


極北

2013/04/01 00:32
マーセル・セロー著、村上春樹訳、中央公論新社。

某後輩にオススメされたので読んだ本その2。すごく良かったです。背景描写が本当によく出来ていると思う。最後になんじゃこりゃ展開がありましたがまあそれはスルーしといて。

―ーしかし、オススメしてもらったときにも言っていたとおり、やはり邦訳文は苦手です。どう頑張ってもスムーズに読めないので、何度も読み返す羽目になります。わりと直訳されたいた感じがしましたが、語や句のリズムはどうしても日本文のようにはならないのでしょう。読みやすい日本文には常に五七のリズムが刻まれているものです。

極北
中央公論新社
マーセル・セロー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 極北 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サクリファイス

2013/01/21 23:50
近藤史恵著、新潮文庫。

「こんなん読んでみたら?」と知人に適当に薦められた本。ロードレースの話かと思ってたらサスペンスだったでござる。

まあサスペンスものとしては良かったのかなぁ?という感じです。そこそこの仕掛けとそこそこの展開。ロードレーサーの扱い方はリアリティがあってよかったし、サスペンス展開になってからなんか雑じゃね?みたいな気はしたのだが、謎解きは引っ張るものでもないのでさっさと進むほうがいいのだろう。まあサスペンス小説とかほとんど読んだことないのでわからんけども。

「よくある話を臆面もなくやれるヤツが生き残る」とはまさにこのことだろうか。やたらトリッキーであってもエンターテイメントは成立しないのですから、これは良くできたサスペンス小説なのでしょう。個人的には物足りなさが残るかなあ。

***********

月:77.2kg

今週後半には76kg台前半に戻るだろう。


サクリファイス (新潮文庫)
新潮社
近藤 史恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サクリファイス (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近読んだ本

2013/01/06 23:36
「虐殺器官」伊藤計劃著、ハヤカワ文庫
知り合いに薦められた小説。なかなか面白かった。世界観の構築という点ではよくできていて、物語としては、うーん、なんかもうちょっと――という感じ。アクションシーンは小説には向かない、と私は常々思うのだが、臨場感はやはり表出してこなくて残念。いっそのことアクションシーンはざっくり抜いてしまうっていう手もあると思うんだが、どうなんだろう。いやしかし、一番気になるのはリアリティで、多くの部分でリアリティの欠如を感じるのは、文筆家が生み出すSFだからだろうか。いや、SFにリアリティってなんやねん――という問題は差し置いても、やはりところどころで白々しさを感じてしまうのです。

「ハーモニー」伊藤計劃著、ハヤカワ文庫
そういう意味でこちらの方がはるかに良かった。ストーリーの組み立てや登場人物の背景設定もよく出来ていて、始終退屈せず読めました。文章の荒さが気になるのは、修正しているほどの時間がなかったからだろうか(著者は作家デビューしてから2年ほどで亡くなっている)。それから、科学的な部分で首をひねる部分はしばしば出てくるのだが、それはもうSFである限り仕方がない、と開き直るしかないのだろうか。無駄知恵で楽しめないというのは人生損している気がする。

「『フクシマ』論」開沼博著、青土社
原発事故直前に書かれた著者の修士論文に加筆修正して作られた本で、原子力に関わる問題を、「地方と都市」という普遍的なテーマに落とし込む形で福島と原子力のありかたを問うているもの。原子力問題を何かしら特別視しようとすることが多い中で、この論考は貴重であり価値のあるものと思う。しかし、普遍的なテーマによって捉えるなら、同時に原子力特有の問題を再度洗い出す必要もあって、そこまでは及んでいないのが残念ではある。そういう意味でこれはフクシマ論であって福島原発論ではないのだけれども、まあ、著者の研究テーマとしてはそれで十分で、そこに原子力の要素を強く込めようとしているのは外部の要請でしかないのだろう。いや、それにしても出来過ぎた修論だ。なお、著者の論考をきっちりとらえるためには原子力に関わる問題を一通り把握しておく必要があるので、いきなりこれを読むのは余りお勧めしません。

「放射線および環境化学物質による発がん」佐渡敏彦、福島昭治、甲斐倫明編著、医療科学社
放射線でも環境化学物質でも、発がんに至るプロセスというのは大きくは変わりません。人間の発がん要因は数多あって、今問題となっている低線量被ばくのリスクというのはそれら全体と比較するとかなり小さく、あるのかないのかわからない程度なのだということはわかっているのだけれども、だからといって無視していいものではなく、それをどう扱うかという問題が世間を困らせている、というのが現状です。その点について明確な解答があるわけではなく、この本を読んでもわからないことがわかる、といった程度。ただまあ、どういうことがわかっていてどういうことがわかっていないのか、ということをちゃんと知ることはできるので、読んでおいてよかったかなとは思っている。しかし一般向けとは銘打っているがこれはかなり難しめ。



虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
早川書房
伊藤 計劃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
早川書房
伊藤 計劃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハーモニー (ハヤカワ文庫JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか
青土社
開沼 博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近読んだ本

2012/06/21 21:26
ほったらかしてたけど本は変わらず読んでいます。

量子力学の哲学
非実在性・非局所性・粒子と波の二重性
森田邦久著、講談社現代新書

こういう手の本は定期的に読みたくなるので買うのですが、読んでるうちに「なんかどうでもよくね?」という気がしてくるのがネック。ただまあ、多くの理系、特に工学系の人間ほどこういうのに興味がないというのはどうなのか、と思う。世の中の役に立つ立たないのみを学問の価値判断基準にしようとする傾向の強い昨今、そういう感覚は失いたくないと思う。いや、失うことはないと思うけれども。こないだ某先生が「社会に役に立ってこそ―ーとか、学問なんてそんな高尚なもんか?役に立ってるか立ってへんかわからんようなことを追求してこそ学問やろ」なんてことをおっしゃっていたが、まさにその通りだと私は思うわけです。最近、大学と企業がコラボするような話をよく聞くのだけれども、それはそれで良いにしても、やはり何かしらの利益に直結しないことを追及するからこそ大学なのであって、そういった社会に直接的に役立つ専門的な知識ばかりを身につけるのであれば、それはもはや大学ではなく専門学校ではないか。これまでずいぶんとないがしろにされてきた「大学の教養」ですが、それが最近は見直されようとしているようで、その流れを私は支持したい。総合大学出ててよかったな、と思う今日この頃。


巷説百物語
京極夏彦著、角川文庫

京極夏彦ばっかり読むのもなんだかなと思いつつ、ここまできたら全部読もうかなとも思う。みなさん、お勧めの小説があれば教えてください。

**********

木:74.8kg

飲み会がありました。





巷説百物語 (角川文庫)
角川書店
京極 夏彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 巷説百物語 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


暗夜行路

2012/05/15 23:55
志賀直哉著、新潮社。

私「なんか饒舌でない淡白な小説でエエのないかなあ」
知人「じゃあ志賀直哉」
私「暗夜行路か?なんでそんな古いやつをチョイスすんねん」
知人「だって小説はその時代ですでに完成されてるやろ」
私「それもそうだ」

ということで暗夜行路読みました。

これは――なんだろうな。どこが暗夜行路やねんと
言いたくなりましたが、まあそれはいいや。
とにかくストーリーというストーリーがないのです。
ただ淡々と話が進むっていうだけで。

そうしてようやく気づくわけです。
これは小説であっても物語ではないのだ、ということを。

文章表現について言及するのは火傷しそうなので止しますが、
なんかまあ、ふーん、って感じでした。
小説なんてそんなもんさ。

全体の感想としてはひとことだけ。

主人公よ、仕事をしろ。


**********

火:73.0kg

キープ。



暗夜行路 (新潮文庫)
新潮社
志賀 直哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暗夜行路 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


百器徒然袋 風

2012/04/15 01:15
京極夏彦著、講談社文庫。

感想は略。これでだいたい京極堂シリーズは読破しそう。もう1冊あったような気がするが。

**********

土:74.5kg

とんかつ屋は大抵ごはん味噌汁キャベツお新香おかわり自由で食べ過ぎるよね。


文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)
講談社
京極 夏彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


百器徒然袋 雨

2012/03/30 02:14
京極夏彦著、講談社文庫。

最近小説読んでないなと思って、まだ読んでなかったこいつを手に取りました。全3話構成ですが、1話で普通の文庫よりも文量が多いっていう。各話ごとに文庫にすりゃよかったのではないか。

いわゆるいつもの京極堂ワールドで、物語りよろしく都合よく話がまとまっていくというこの複雑で煩雑な要素を最終的にひとつにまとめていくという展開は圧巻である反面、基本的なストーリー構造に大差がないのであればそれを構成する要素を取り替えるだけでいいわけなのだから実はそれほど難しいことではないのかもしれない、とも思う。まあ面白かったしなんでもいいじゃねーか、というのが最終的な結論。

**********

木:74.7kg

最近食生活が乱れておる。


文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)
講談社
京極 夏彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
道化師の蝶
道化師の蝶 円城塔著、講談社出版。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 01:11
百鬼夜行 陰
百鬼夜行 陰 京極夏彦著、講談社文庫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/14 23:45
邪魅の雫
邪魅の雫 京極夏彦著、講談社文庫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/28 02:47
塗仏の宴 宴の支度/宴の始末
塗仏の宴 宴の支度/宴の始末 京極夏彦著、講談社文庫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/29 01:22
同日同刻 太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日
同日同刻 太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日 山田風太郎著、ちくま文庫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/16 01:21
FINAL FANTASY XIII Episode Zero -Promise-
FINAL FANTASY XIII Episode Zero -Promise- SQUARE ENIX, 映島巡著。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/22 01:28
鉄鼠の檻
鉄鼠の檻 京極夏彦著、講談社文庫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/06 01:24
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 村上春樹著、新潮文庫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/02 02:59
宵山万華鏡
宵山万華鏡 森見登美彦著、集英社。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/17 01:25
朗読者
朗読者 ベルンハルト・シュリンク著、松永美穂訳、新潮文庫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/07 01:34
ライ麦畑でつかまえて
ライ麦畑でつかまえて J. D. サリンジャー著、野崎孝訳、白水社 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/29 12:53
ラジ&ピース
ラジ&ピース 特に書く事ないので最近読んだ本のこととか書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/27 02:03

トップへ | みんなの「小説」ブログ

いろんなことが嫌になる日々 小説のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる